乾癬治療としてココナッツオイルを塗った結果wwww

乾癬とは盛り上がった赤い皮疹(紅斑)が1つまたは複数生じる皮膚の慢性疾患です。紅斑だけでなく銀白色のうろこ状のかさつきも伴います。

乾癬の症状として紅斑ができるのは、免疫システムの異常により皮膚細胞の成長速度が早まるからだと考えられています。

乾癬発症の原因が免疫システムの異常なだけに、その治療方法としては経口薬であるシクロスポリンなどの免疫調整薬、光線療法(皮膚への紫外線照射)による免疫抑制、そして最近ではインターロイキンを標的とするモノクロナール抗体であるリサンキズマブグセルクマブなどが乾癬治療の新薬として期待されています。

上記のように乾癬による治療方法は日進月歩しておりますが、残念なことに乾癬の治療は生涯を通じて続く可能性が高い病気です。

つまり、科学的根拠のあるとされている治療方法を継続しているだけでは、乾癬は治癒できない可能性があるのです。そのため、万人に平均的な治療効果を保証する治療方法以外の方法を自身で発見する必要があります。それは例えば、

ココナッツオイル

塗ることかもしれません。乾癬の治療方法としてのココナッツオイルは、シクロスポリン、光線療法、モノクロナール抗体などの治療方法と比べると科学的根拠レベルは圧倒的に低いです。

それにも関わらず、乾癬治療としてココナッツオイルを塗った結果、乾癬特有の痒みなどの症状が緩和した経験をした患者さんが一定数存在します。


https://twitter.com/nesnakmai1/status/724721393988833280

乾癬は免疫システム異常を原因とする病気なだけに、その治療方法が確立していないのが現状です。この現状を打破するためには、万人に有効である科学的根拠が構築よりも先に、あなた個人にとって有効である治療方法を確立する挑戦が必要なのかもしれません。

▼ココナッツオイルの成分がぎっしり詰まったアレルゲンフリー化粧品VMV
http://www.vmvhypoallergenics.jp/