アトピー性皮膚炎の新薬デュピルマブの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

アトピー性皮膚炎の新薬デュピルマブについて

アトピー性皮膚炎とは痒みのある湿疹を主な症状とする皮膚の病気です。症状は良くなったり悪くなったりを繰り返し、なかなか治らない慢性疾患であることが特徴です。

原因は免疫による過剰反応であり、細菌やウィルス以外の本来は退治する必要のないものに対しても不必要に炎症を発症させてしまいます。

免疫の過剰反応の原因にはアレルギーを起こしやすい体質、皮膚のバリア機能の低下もありますが、それ以外には皮膚に長期化関わる刺激やストレス、疲労なども免疫を不安定にし、アトピー性皮膚炎を悪化させます。

治療方法としては免疫反応を抑えるステロイド外用薬が使われるのが一般的です。ステロイド外用薬は重症、中等症、軽症、軽微の重症度別に分けられ、その重症度に合ったステロイドが使われます。

アトピー性皮膚炎に効果のあるステロイド外用薬ですが、患者さんの自己判断で投与期間を短くしたり、減量したりなど間違った使い方が広まっていることから、ステロイドにより逆に症状が悪化したり、副作用が出たりした結果、「怖い」というイメージをステロイド外用薬に持っている人は多く、治療方法として避けている方もいらっしゃることでしょう。

そんな方々にはアトピー性皮膚炎の新薬である

デュピルマブ

の発売が期待できるかもしれません。デュピルマブは中等度から重度アトピー性皮膚炎の患者さんに効果のある薬です。

塗り薬でもなく、飲み薬でもなく、注射薬ですので、患者さんの自己判断で投与間隔、投与量を調整できない薬ですので間違った使われ方が広まることはまずありません。

また、デュピルマブはインターロイキン4 受容体αサブユニットに対するモノクローナル抗体であるため有効性だけでなく、副作用の軽減などその安全性も期待できます。

デュピルマブの添付文書情報(仮)

製品名

未定

一般名

デュピルマブ(Dupilumab)

用法用量

未定(1週間に1回、デュピルマブとして300mg皮下投与する)

効能効果

未定(中等度から重度アトピー性皮膚炎)

主な副作用

未定(アトピー性皮膚炎の増悪、注射部位の反応、鼻咽頭炎)

製造承認日

未定

デュピルマブの作用機序

@asthmaallergieschildren.com

デュピルマブは、インターロイキン4 受容体αサブユニット(IL-4Rα)に対するモノクローナル抗体です。デュピルマブがアトピー性疾患またはアレルギー性疾患の発症に重要な役割を果たすIL-4とIL-13のシグナル伝達を阻害します。

デュピルマブの最新文献

1)Two Phase 3 Trials of Dupilumab versus Placebo in Atopic Dermatitis.

文献の概要

中等度から重度アトピー性皮膚炎の患者さんに対して、デュピルマブを週 1 回皮下投与する群,プラセボを週 1 回皮下投与する群、デュピルマブとプラセボを隔週で交互に皮下投与する群と、1:1:1 の割合で無作為に割りつけて16週間投与し、その有効性(皮膚病変の程度(IGA(Investigator’s Global Assessment))を検証した試験。結果は、プラセボと比較してデュピルマブが瘙痒、不安・抑うつ症状、QOLなどのアトピー性皮膚炎の徴候・症状を改善することが判った。

文献の出典

The New England Journal of Medicine

文献の発刊日

2016年9月30日

デュピルマブの口コミ

医師のコメント

その他医療関係者のコメント

デュピルマブの治験情報

1)Open-label Study of Dupilumab (REGN668/SAR231893) in Patients With Atopic Dermatitis

治験の概要

アトピー性皮膚炎の患者さんに対してデュピルマブの長期間にわたる有効性、安全性を検証する治験。

治験の期限

2018年12月

参考資料

1)サノフィ株式会社プレスリリース
2)アトピー性皮膚炎診療ガイドライン


アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2015