抗癌剤治療で味覚障害になった時にはフリッタータを食べなさい

この記事の科学的根拠レベル★★★☆☆

妻武さん、今日のご飯は何が食べたいですか?

dadうーん、今日は肉よりも野菜が食べたいな。味覚障害のためなのか、肉料理は味がしなくて無駄に脂っこく感じる。お腹をを満たすだけなら、肉よりも野菜で十分だ。

大腸癌を患う夫の武。抗癌剤治療による味覚障害が最近になってひどくなってきた。味覚障害とは、甘味、酸味、塩味、苦味、旨味などの味覚が低下したり、何を食べても味を全く感じなくなったり、また甘味を苦味に感じるなど本来の味とは違った味を感じる病気。味覚障害になる原因は亜鉛不足、高齢など複数あるが、癌治療として化学療法を受けている3割から5割の人にもあらわれる。味覚障害になってからというものの、武はあまり食事を摂らなくなり、抗癌剤治療によりただでさえ衰えている体がより一層衰えてきた。武の体を心配する妻の真美は、なんとしてでも武に栄養をつけてもらおうと味覚障害に効くとされるとある料理を作ることにした。

wife最近野菜ばかり食べたがりますね。たまにはお肉も食べないと栄養が偏りますよ。

dad栄養つけても寿命がついて来ないんだから。食べたいものを食べさせてよ。

wifeはいはい、わかりました。それでは、武さんが大好きな卵たっぷり、野菜たっぷりのフリッタータでも作りましょうかしら。

dadフリッタータかあ!新婚旅行で昔行ったイタリアを思い出すなあ。あの時は、フリッタータにワイン三昧のイタリアだったな。フリッタータを食べすぎたせいで、最後に注文したパスタが食べれなかったっけな。

wife武さんが元気になりましたら、またイタリアに行きたいですね。

dad行けるかな?イタリア?

wife行けますとも、きっと。そのためにも、食事をきちんと食べて、栄養をたくさんつけてくださいね。

wifeはいっ。卵に野菜をふんだんに使ったフリッタータ。

dadふっくらした卵。たっぷりの野菜。懐かしいな、このフリッタータ。うん?真美、フリッタータの中に何か入れたか?

wifeあら気づきましたか?

dad気づくも何も、卵から飛び出てるしな。

wife牡蠣ですよ、牡蠣。

牡蠣

wife牡蠣には味覚障害を予防するために必要な亜鉛がたっくさん含まれてるみたいです。1日に必要な亜鉛の量は約15mgだそうですが、日本人は全然足りてないらしいので。

dad予防もなにも、俺はもう味覚障害になってるんだぞ。

wife細かいこと気にしないでください。卵にたくさん含まれるタンパク質は亜鉛を効果的に働かせる役割もあるみたいですから。さあさあ、たくさん食べてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.