潰瘍性大腸炎について知っておきたい6つのことやで

潰瘍性大腸炎

1.潰瘍性大腸炎とは

大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができる大腸の炎症性疾患やで。特徴的な症状としては、下血を伴うまたは伴わない下痢とよく起こる腹痛や。病変は直腸から連続的に、そして上行性に広がる傾向があり、最大で直腸から結腸全体に拡がるんや。

2.潰瘍性大腸炎の分類

潰瘍性大腸炎は病変の拡がり、病期、重症度、臨床経過の4つを基準に下記のように分類できるんやで。

1)病変の拡がりによる分類:全大腸炎、左側大腸炎、直腸炎
2)病期の分類:活動期、寛解期
3)重症度による分類:軽症、中等症、重症、激症
4)臨床経過による分類:再燃寛解型、慢性持続型、急性激症型、初回発作型

3.潰瘍性大腸炎の患者数

平成25年度の医療保険制度受給者数に基づいた算出によれば

166,060人

や。この数は人口10万人あたり100人程度であり、アメリカと比べても半分以下やけど、年々増えているのが特徴や。

4.潰瘍性大腸炎の原因

現在のところ、

不明

やで。腸内細菌、自己免疫、食生活などが原因と考えられてはいるが、現在のところ明らかになってないんやで。ちな、発症年齢のピークは男性で20~24歳、女性では25~29歳と比較的若年者がかかりやすい病気や。

ちなちな、欧米では患者はんの約20%に炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎あるいはクローン病)の近親者がいると報告されておるけど、この病気にかかる原因とされる特異的な遺伝子についてもわかっておらん。

5.潰瘍性大腸炎の症状

潰瘍性大腸炎を患者はん自身が気づくためには、

下痢

血便

は要チェックやで。また腹痛は腹痛でも痙攣性もしくは持続的な腹痛の場合にも要チェックやで。この初期症状を見逃すと、発熱、体重減少、貧血など全身の症状が起きてくるので要注意やで。

6.潰瘍性大腸炎にかかった芸能人

1)安倍 晋三
2)高橋 メアリージュン
3)若槻 千夏
4)山田 まりや(潰瘍性大腸炎でなくクローン病)

7.潰瘍性大腸炎についてのまとめ

以上で潰瘍性大腸炎について知っておきたい6つのことの紹介は終わりやで。潰瘍性大腸炎の最新の診断基準・治療方針については潰瘍性大腸炎・クローン病診断基準・治療指針がよくまとまってるので気になった方は要チェックやで。

ほな、お大事に。おーきに。


潰瘍性大腸炎の診療ガイド